Logo
インド・バンガロール生活で良かったこと
3 3月 2020

インド・バンガロール生活で良かったこと

Post by TAIKI KONDO

前回の辛かったことに引き続き、良かったこと編です。

辛かったこともたくさんありましたが、それを含めても僕はインドが好きです。

やっぱり多くの旅人が惹かれるようにインドには不思議な魅力がありますね。

それでは良かったこと編です!

良かったこと

物価が安い

もう本当にこれが凄いです。

一度インドを経験すると東南アジアの物価が高すぎて辛くなるほどの驚愕の安さです。

僕が住んでた住宅街のエリアの場合ですが、

■語学学校の授業料(1日5時間週5日)
16,000ルピー(約24,000円)

■家賃(2人部屋・キッチン、洗濯機有り)
8,000ルピー(約12,000円)

■食費
○チャーハン・ヌードル(日本の大盛りくらいの量)
50ルピー
○南インド料理のセット
100ルピー前後
○サモサ1個
10ルピー

南インドカレー

主に僕が外食するときに食べていた食事の値段で、正直衛生度は高くないですね。

さすがにモールの綺麗なお店だと倍以上します。

結構自炊をしてましたが、それも1食100円分くらいの材料だったので単純計算で、

300円×30日=9,000円

切りつめようと思えば、食費も月10,000円以内に収まりますね。

(さすがにたまに良い物を食べたりしていたのでもっとかかりました!)

■ローカル床屋
80ルピー(約120円)
ここはちょっと勇気がいります…

全て覚えているわけではありませんが、他のことも上記の値段を基準に考えれば良いです。

ちなみにアルコールだけは東南アジアより高くて、売ってる店がすくなく尚且つ割高なインドは禁酒したい人におすすめです。

気候が最高

僕が住んでいたバンガロールは、気候だけでいったら人生の中で住んだところで一番良かった!といっても過言じゃないくらい過ごしやすかったです。

バンガロールの気候
WeatherSparkより引用

真夏は若干暑く感じるかもしれませんが、このページを見ている人は基本的に日本人ですよね。

こんな気温で驚くやわな国民ではないはずです。

僕は名古屋出身で、タイやフィリピンも行きましたが、今のところ名古屋の真夏より暑い場所を経験したことがありません。

実際、バンガロールは湿度も低く日没後は気温も落ちるので、長袖の上着があったほうが良いくらいでした。

学校も家にもクーラーがありませんでしたが、クーラー嫌いな僕にとっては多少暑くても日本より全然マシだしとても快適でした。

残念ながらこれはバンガロール限定の話で、他のエリアもこんな感じだと思って舐めてかかると痛い目に合いますので気をつけてください。

優しい人が多い

これはあくまで主観ですが、インドの中ではお金持ちの割合が多いバンガロールの人は落ち着いていて優しい人が多い気がします

ちなみに南インドの人は、北インドに比べて割とおとなしいと言われています。

インドというと詐欺被害に合った話とかが有名だったりしますが、バンガロールで怪しいところに行かず普通の生活をしている分には、怪しいやつや怖い人が近づいてくることはありませんでした。

個人経営の飲食店など数回通うとフレンドリーになって街で会うと声を掛けられて笑顔で挨拶をしてくれたり、学校の先生とかもめちゃくちゃ優しかったです。

一般的なインド人に対してのイメージで、商売人などがめちゃくちゃ押しが強かったりすると思うのですがバンガロールの人たちは全然そんなことありません。

インド人の押しの強さに疲れた人はバンガロールに行ったら心が安らぐかもしれません。

地元の子供達

ヒンドゥー教を感じることができる

イスコンテンプル

日本人にとって仏教やキリスト教は割と関わる機会がありますし、学校の授業などでイスラム教についても多少勉強しますよね。

でもヒンドゥー教ってどうでしょうか?

インドといえばヒンドゥー教。

でもインドの宗教でカースト制度があって〜くらいしか知らないですよね。

僕も詳しくないので説明はできませんが、他のどの宗教とも違った独特の雰囲気でした。

インドは1年を通してお祭りみたいなものが多くて、近所でもしょっちゅうやっていました。日本でいう町内会のイベントが毎月のようにある感じですね。

バンガロールの大きな寺院にも行きましたが、お祈りのスタイルや僧侶の髪型も特徴的ですごく良い経験になりました。

中は撮影禁止でお祈りの様子が撮影できなかったのは残念でした。

精神力が鍛えられる

これは良いところなのかよくわかりませんが、インドで生活をするとかなり精神的に逞しくなります。まるで修行のようですね。

前回取り上げたような辛かったことたちを乗り越えることで、得られる経験値がきっとあなたを強くしてくれることでしょう。

まとめ

いかかでしたか?

良くも悪くも刺激的なインド。その中でもバンガロールは比較的過ごしやすいエリアです。

語学学校やプログラミングを学べる学校もたくさんありますので、ぜひ留学の候補の1つにしてくださいね。